准看護師資格がなくなるというのは本当?

医療業界では様々な噂が飛び交いますが、たまに准看護師の資格が廃止になるという噂を耳にすることがあります。これから准看護師になりたいと資格取得を目指している人からすれば、大変な噂ですよね。

ですが、これはあくまで噂であり、准看護師の資格が廃止される予定はありません。そもそも、なぜこのようなことがささやかれるようになったのでしょうか。

これには、准看護師が誕生した際の理由が大きく関係しています。戦後の日本では看護師の数がどうしても不足していたのですが、それを解消するための方法として考えられたのが准看護師です。

准看護師は、看護師に比べてできることが少ないけれど、資格を取得するのが看護師よりも簡単であるというメリットがありますよね。ですが、医療に関する深い知識を持っているという点では看護師と変わりないので、比較的目指しやすい准看護師という資格を新たに作り、看護師不足を解消しようとしたのです。

しかし、戦後しばらく時間がたったころには、医療の体制は十分に整ってきました。看護師不足も解消される傾向があるため、それならば准看護師という制度は廃止してもいいのではないかという訴えが起こったのです。

ですが、看護師不足の問題は完全に解消されたとは言えない状態であることに加え、准看護師という制度を廃止すると医療体制を大きく変更しなければならないため、准看護師の廃止は難しいという発表を政府が出しています。

今後、更に看護師の数が増えて准看護師が担当している業務を完全に看護師のみで行えるようになった場合、もしかしたら准看護師が廃止されることはあるかもしれませんが、現段階ではその予定はないと思っていいでしょう。

実際に、資格では看護師、准看護師と分けられていますが、准看護師でも看護師と同じ業務にあたっている職場は少なくありません。そういった意味でも、医療の現場において准看護師の持つ役割というのは非常に大きいので、准看護師廃止の噂に不安を感じている人も、安心して准看護師を目指しましょう。

ページの先頭へ