准看護師のメリット・デメリット

准看護師として働く場合、メリットとデメリットについて理解しておきましょう。よく比べられるのが、看護師という職業ですよね。准看護師はどうしても看護師の下位資格として考えられることが多いのですが、看護師と比較した際にはメリットもあります。

まず、仕事内容に関することについてですが、看護師と准看護師でできることに違いはありません。もちろん、患者さんに対する責任の重さも同じとなっているので、実際に職場で働く際には看護師だから、准看護師だからという区別はほとんどなく、同じ仕事を担当することになるでしょう。

給料に関することについてですが、准看護師は給料が高くないと言われることがありますよね。しかし、これは間違いです。

確かに看護師と比較をすると、准看護師が看護師以上の給料をもらうことは難しいと言えるでしょう。ただ、専門的な知識・資格が必要な職業であるということに変わりはないので、一般的な仕事に比べると高収入が期待できます。

得に、長年准看護師として同じ職場で働いた場合、准看護師でも500万円以上の年収を得ることは不可能ではないのです。

デメリットとして考えておきたいのが、看護師と同じ仕事を担当するにも関わらず、看護師よりも扱いが下になってしまうということです。例えば、准看護師は基本的に役職に就くことができません。

例えどれだけ准看護師として優秀だったとしても、役職に就くことができるのは基本的に看護師となるので、このことに不満を感じてしまう准看護師も多いようです。

高収入が期待できる、看護師と同じ仕事ができるという点は確かにメリットではありますが、看護師から雑用を任せられてしまったり、仕事内容は同じなのに看護師のほうが給料が高いということで不満を感じてしまう准看護師は少なくありません。

看護師ではなく准看護師として働いていきたいと思っているのであれば、准看護師という仕事にしっかりとしたやりがいを感じられるよう働いていきましょう。

ページの先頭へ